ノンバンクの金利

ノンバンクを利用してローンを組もうと考えている人が考えなければならないことの一つに金利があるかもしれません。
ノンバンクというのは銀行とは違って預金や為替業務を行わない金融業者のことを言いますよね。
銀行とノンバンクの違いはいろいろあるとは思いますが、一番大きな部分が金利の違いではないでしょうか。
一番大切なのはノンバンクやその金利に関する正確な情報を手に入れることではないかと私は思います。

ノンバンクに関する情報はインターネット上のサイトやブログで沢山得ることができると思います。
ノンバンクは金利が非常に高い所もあれば、銀行とさほど変わらないという所もあるかもしれませんよね。
では、どのようにして自分に合った安全なノンバンクを探すことができるのでしょうか。
融資をしてくれやすい分金利が高いといのがノンバンクの特徴なのかもしれませんよね。
融資が難しい状況にあればあるほど、金利がいくら高くても融資をしてくれるノンバンクに頼ってしまいがちですよね。
しかし、ノンバンクの金利について考えると銀行同士の差はそんなに大きくないのかもしれません。
銀行にもそれぞれサービスの違いがいろいろあり、金利にも銀行によって差が出てくるでしょう。
その分ノンバンクと銀行を比べた時に融資の審査に通りやすいのはやはり前者ではないかと思います。
特に、それぞれのノンバンクの金利に関する情報は簡単に手に入れることができると思いますよ。
ランキングサイトなどではそれぞれのノンバンクの金利が一目瞭然ですからとても便利ですよね。
さらに、金利が高いか低いかだけでなく、その他のノンバンクのサービスにも是非注目してほしいですね。
しかし、気をつけなければならないのはあまりそれが当たり前だと思って悪質なノンバンクに引っ掛からないことです。
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンクの営業方法

ノンバンクで融資をしてもらいたいと考えているけれど、どうしたら良いか分からないという人はいるでしょうか。
ノンバンクというのは預金や為替業務を行わない金融業者のことを言うということは知っているかもしれませんね。
皆さんもノンバンクを利用する前にはそのようにしっかりと情報収集をして賢く利用しましょうね。
しかし、融資をしてもらうためにはノンバンクだとしても審査に通らなければいけないことでしょう。

ノンバンクの融資審査に一発で合格するには営業マンに話を聞くのが一番良いのではないでしょうか。
というのも、インターネット上にはノンバンクの元営業マンが自分たちの経験を語ってくれているからなのです。
そのようなノンバンクの元営業マンが語る審査の突破法はとてもポイントを突いていて的確ですよね。
ですから、まずはそのような情報をゲットしてノンバンクの審査に向けて準備をするのが良いのではないでしょうか。
そのようにノンバンクの審査基準を知っていれば準備ができますし、怖いものなしですよね。

ノンバンクの審査が厳しいか甘いかというのはそれぞれ差が出てくるのではないでしょうか。
どうにかノンバンクの審査には一発合格したいと思っている人は多いのではないでしょうか。
銀行の審査で何度も落ちた経験がある人はノンバンクの審査も緊張してしまうかもしれませんよね。
例えば、ノンバンクを既に利用し始めている人に話を聞くのも一つの方法ですよね。
インターネット上のサイトやブログにはノンバンクを利用している人の体験談が沢山載せられているようですよ。
そのようなサイトやブログで実際にノンバンクを利用している人の生の声を聞くのはとても参考になるのではないでしょうか。
ノンバンクの審査基準はそれぞれの業者によって違いますから、事前に調べておく必要がありますよね
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンク再編の波

ノンバンクの再編という見出しを最近雑誌や新聞で見ることが多くなったと感じている人がいるでしょうか。
ノンバンクに融資をしてもらおうと考えている人は多いかもしれませんが、再編が何か影響を及ぼすでしょうか。
その前にノンバンクとは一体何なのか知りたいと思っている人がいるかもしれませんよね。
ノンバンクと聞くと銀行の名前のうちの一つと思うかもしれませんが、実は全く違うのです。
ノンバンクというのは預金や為替業務を行わない金融業者のことを言うようで、銀行とは違いますよね。
では、そのノンバンクが最近再編されているというのは一体どういうことなのでしょうか。
金融関係に詳しい人はこのノンバンクの再編の波がなぜ起こるかを調べるととても興味深いでしょうね。

ノンバンクの再編があったからと言ってすべてが消費者にとって良くなるとは言えないのではないかと思います。
最近では三井住友ファイナンシャルグループなどのメガ主導のノンバンク再編が加速しているようですね。
どうしても小さいノンバンクは資金調達が大変ですし、規制も強化されていますから大変でしょう。
インターネット上のサイトやブログではノンバンクの再編に関する情報を沢山得ることができると思いますよ。
最近はそのようにノンバンクの再編が加速しているために私たちもしっかりと調べる必要がありますよね。
収益力が低下してしまっているノンバンクはどうしても再編するしか生き残る方法がなくなってしまいますよね。
私も最初同じように思っていましたから、当然だとは思いますが銀行とは別の金融機関です。
ですから、常に最新のノンバンクに関する情報をゲットしておく必要があるのではないでしょうか。
今まで利用しようと思っていたノンバンクが再編によりサービスが変わってしまうということもあり得ますものね。
ノンバンクを利用する際には再編のことなどを念頭に置きながらしっかりと計画して利用するようにしましょう
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンク社債法による変化


自分が良く利用する銀行の名前なら言えるけれど、ノンバンクの意味は分からないという人が多いでしょうか。
ノンバンクというのは預金や為替業務をしない金融業者のことを言うようで、銀行とは違う金融機関のようです。
私もイーバンクというネット銀行を利用していて、最初にノンバンクと聞いた時はその手の銀行かと思いました。
ノンバンクと聞くと銀行の名前だと勘違いしてしまう人が多いのも仕方ないかもしれませんね。
そのノンバンクですが、簡単に言うとお金を貸してくれるという業者ですよね。

ノンバンクについて銀行系という言葉を聞いたことが皆さんはあるかもしれませんよね。
私が最初に銀行系ノンバンクという言葉を聞いた時はあまり意味が良く分からなかったのを覚えています。
というのも、私の中ではノンバンクというのは銀行から資金調達をしていると思っていたからなのです。
では、ノンバンク自体はその貸してくれるお金をどのようにして調達しているのだろうと疑問が出てきますよね。
ノンバンク社債法が私たちにどんな影響があるのかなども調べてみると面白いと思いますよ。
そこで目に止まったのがノンバンク社債法というもので、簡単に言うと普通社債が認められたということのようですね。
ノンバンク社債法と言っても何のことなのかさっぱり分からないという人は多いかもしれませんね。
そもそもノンバンクは銀行から借り入れることが主で、社債の発行は一応認められてはいたものの主流ではなかったようです。

ノンバンクについては知っていたけれど社債法については知らなかったという人は多いでしょうか。
どのノンバンクを利用したら良いか分からないという人も口コミ情報を調べてみると良いのではないかと思います。
しっかりと情報収集をして、賢く計画してノンバンクを利用できると良いですね
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンクの住宅ローン


住宅ローンを組むのに銀行を利用したら良いのかノンバンクを利用したら良いのか迷っているという人もいるでしょうか。
その前にこのノンバンクとは一体どのようなものなのかについてはっきりさせておく必要があるかもしれませんね。
人によってはノンバンクと聞いてもただの銀行の一種だと思うかもしれませんからね。
そのようなノンバンクに関するサイトを調べる時は口コミ情報もチェックしましょうね。
ですから、簡単に言うとノンバンクというのはお金を貸してくれる業者ということになるでしょう。
やはり銀行とノンバンクとの大きな違いは融資をしてもらった場合の金利の高さではないでしょうか。
どちらかというと銀行よりもノンバンクの金利の方が高い傾向にあるのではないでしょうか。
しかし、銀行で住宅ローンが組めないとなるとどうしてもノンバンクに頼るしかなくなってしまいますよね。

ノンバンクで住宅ローンを組むのと一般の銀行を利用して住宅ローンを組むのとではどんな違いが出てくるのでしょうか。
銀行にもいろいろな種類とサービスがあると思いますが、ノンバンクも同じですからね。
銀行よりもノンバンクの方が種類が多く、サービスの幅も大きいような気が私はしますね。
ですから、ノンバンクを利用して住宅ローンを組もうと考えている人はまずしっかりと調べる必要があるのではないでしょうか。

ノンバンクの住宅ローンについて知りたいという人はインターネット上のサイトやブログを参考にすると良いのではないでしょうか。
特にノンバンクの住宅ローンの人気ランキングサイトはとても参考になると思いますよ。
ノンバンクというのは預金や為替業務などをしない金融機関のことで、銀行とは違うようですよ。
しっかりと計画を立ててノンバンクで住宅ローンを組めば返済もスムーズに行きますからね
posted by 元子 at 13:53 | 日記

銀行系ノンバンク

ノンバンクを利用すると聞くと皆さんはどのようなことを連想されるでしょうか。
そもそも銀行を利用するということなのだから預金から融資までいろいろあるだろうと思うかもしれませんね。
ですから、ノンバンクを利用することが銀行でできても、銀行でできるすべてのことができるわけではないのです。
しかし、実際にはノンバンクにもいろいろな種類がありますからしっかりと調べる必要があるのです。
ですから、銀行系ノンバンクという言葉について聞いた時私は意味がさっぱり分かりませんでした。

ノンバンクにも銀行系と独立系というものがあるというのを皆さんは知っていたでしょうか。
そもそも融資をしてもらうのに銀行系が好きな人とノンバンク系の人がいるというように私は思っていました。
銀行に比べてノンバンクの方が融資をしてもらいやすいという単純な理由で利用する人が多いかもしれません。
というのも、ノンバンクというのはそもそも銀行系などの分類はないと思っていたからなのです。
ノンバンクは銀行と違い、銀行から融資をしてもらいそれを使っているという位置づけだからなのです。
インターネット上のサイトやブログには銀行系ノンバンクに関する情報が沢山載せられていると思いますよ。
金融関係の話題にあまり強くない私にとっては銀行系のノンバンクとそうでないものの違いがあまり良く分かりません。
しかし、銀行系のノンバンクとそうでない種類について見分けることはとても重要だと思います。

ノンバンクの種類についてしっかりと知っておくことによって賢く利用することができるからなのです。
しかし、このノンバンクというのは一種の銀行なのではなく、預金や為替業務をしない金融機関のことを言うようなのです。
ノンバンクと聞くと大抵の人が銀行の種類の一つだと考えるのではないかと思います。
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンクの不動産担保ローン

ノンバンクで融資をしてもらおうと考えている人はとても多いのではないかと私は思います。
というのは、銀行による融資というのは難しいという人も多く、ノンバンクに助けを求める人は多いからなのです。
そこでどうにか損をせずにノンバンクにうまく融資をしてもらい不動産担保ローンを組むことができないものかと考えてしまいますよね。
その一つとして挙げられるのが不動産担保ローンをノンバンクで組むということではないかと思います。
ノンバンクで不動産担保ローンを組み、さらにその不動産の価値が低い場合はどうでしょうか。
不動産担保ローンを組む前にしっかりとノンバンクやこれからの返済のことについて考えましょう。
銀行とノンバンクの反応についてそれぞれをしっかりと調べる必要がありますよね。
それを考えるとノンバンクの高い金利という条件を呑むしかないかもしれませんね。
不動産担保ローンを銀行で行う場合とノンバンクを利用する場合とではどんな違いがあるのでしょうか。
しかし、もしかしたら銀行で同じように不動産担保ローンを組もうとする場合はノンバンクと違って断られてしまうかもしれませんよね。
容易に考えられるのは不動産担保ローンを組むことはできますが、高い金利をノンバンク側は要求してくるということではないでしょうか。
しかし、こちらは銀行に融資はしてもらえず、頼みの綱はノンバンクということになりますから仕方がありませんよね。
銀行の融資審査に何度も失敗してしまい、ノンバンクを利用することにした人も多いのではないでしょうか。
既にノンバンクで不動産担保ローンを組んでいる人の体験談はとても参考になると思いますよ。
さらに不動産担保ローンにおいて人気が高いノンバンクの人気ランキングサイトなどをチェックしてみるとよいでしょう。
どのノンバンクを利用するにしても事前にしっかりと計画することが必要となるでしょう。
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンクの融資

ノンバンクに融資をしてもらいたいと考えている人はとても多いのではないかと思います。
その前にこのノンバンクというのは一体どんなものなのかということについて知る必要があるでしょう。
しかし、金融関係について全く知らないという人はノンバンクと聞いてもどこかの銀行の名前だろうと思うだけかもしれません。
ノンバンクというようにバンクという文字がありますから、そのように考えるのも当たり前かもしれませんね。
私はインバンクというネットバンキングを利用していますから、ノンバンクという銀行があっても不思議はありませんね。
しかし、銀行に融資してもらうのとノンバンクに融資してもらうとではどんな違いがあるのでしょうか。
私自身はそもそも融資をしてもらったことがありませんからノンバンクを利用したことはありませんね。
皆さんもまずはノンバンクの口コミ情報などをチェックして事前にしっかりと計画しましょう。
というのも、ノンバンクにもいろいろな種類があり、すべてが良い業者とは限りませんからね。
銀行の融資審査の方がノンバンクの融資審査に比べて厳しいのではないかというのが私個人の意見です。
ですから、あまり宣伝を見ただけで安易に融資をしてもらうと後から大変なことになってしまうかもしれませんよね。
インターネット上のサイトやブログではノンバンクに関する情報を沢山ゲットすることができると思いますよ。
ですから、ノンバンクに融資をしてもらう際には事前にしっかりと情報収集をする必要があるでしょう。
基本的に銀行が融資をしてくれなくてもノンバンクなら融資をしてくれるというイメージが私にはありますね。
どのノンバンクを利用しようか迷っているという人はまずは比較サイトを覗いてみるのが良いのではないでしょうか。
このノンバンクというのは先ほども述べたように預金などの銀行がやる業務はやりませんが、お金を貸してくれるというわけです
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンクの比較サイト

ノンバンクとはどこかインターネットバンキングの名前だろうと思っている人は多いかもしれませんね。
しかし、銀行の融資審査は厳しく、ノンバンクでお金を借りようとする人は多いのではないでしょうか。
融資をして欲しいと思う時に一番に考えるのはノンバンクではなく、銀行ではないでしょうか。

ノンバンクに融資をしてもらうというケースは多いと思いますが、どの業者を選んだら良いのでしょうか。
各銀行によってサービスが違うのと同じように、ノンバンクもそれぞれの業者によってサービスが違いますよね。
ノンバンクの方がそれぞれの業者間の違いが大きいのではないかと個人的に思います。
ですから、ノンバンクを利用して融資してもらおうと思っている人は慎重に比較検討する必要があるでしょう。
ノンバンクを利用して融資をしてもらう前にしっかりと計画することが大切ではないでしょうか。
一番良い方法はノンバンクを選ぶ際のポイントをまずしっかりと把握しておくことではないでしょうか。

ノンバンクについてはインターネット上のサイトやブログで沢山情報を得ることができることでしょう。
既にノンバンクを利用しているという人の体験談などはとても参考になるのではないでしょうか。
ノンバンクは銀行の融資に比べて金利が高いことでも有名ですからその辺もしっかりと調べておきたいですよね。
ノンバンクの宣伝だけを見て安易に決めてしまうと後で大変なことになってしまうかもしれませんよね。
あまり金融関係について知らないという人はノンバンクと聞いてもそのように考えるのが普通かもしれませんね。
銀行に融資してもらう場合も、ノンバンクに融資してもらう場合も事前にしっかりと情報収集をするようにしましょう。
銀行やノンバンクからお金を借りる際は返済の計画もしっかりと立てて賢く利用しましょうね
posted by 元子 at 13:53 | 日記

ノンバンクとは


比較的銀行融資の審査はノンバンクの審査に比べて厳しいというのが現状ではないでしょうか。
このノンバンクとは銀行のことを言うのではなく、預金や為替業務を行わない金融業者のことを言うようです。
つまり、簡単に言うとノンバンクというのは銀行以外でお金を貸す業務をしている企業のことのようです。

ノンバンクというのはそのようにお金を貸してくれる金融業者ということになりますよね。
しかし、ノンバンクの中には法外な金利を言ってくる所もありますから注意したいですよね。
しかし、必ずしも銀行が融資をしてくれるとは限りませんから、ノンバンクに頼らなければいけなくなるかもしれません。
しかし、ノンバンクの審査が簡単な分、金利は銀行に比べると高いというのも現状かもしれませんよね。
私はイーバンクというネットバンキングに口座を持っていますが、ノンバンクというのもそのような類のことを言うのでしょうか。
銀行とノンバンクとではどちらにもそれぞれメリットというのがあるのではないかと思います。
となると、銀行に融資してもらうのとノンバンクに融資してもらうのとではどちらが良いのかという問題にもなってきますよね。
ノンバンクというのは銀行ではありませんから、悪徳業者も中にはいるのではないかと思います。

ノンバンクの中にもいろいろなランクと種類がありますから、慎重に選びたいですよね。
あまり融資について知らない人は表の宣伝だけを見て簡単にノンバンクを選んでしまうかもしれませんよね。
皆さんは融資をしてもらいたいという時に一番に考えるのは銀行ではないでしょうか。
ノンバンクというのは実は銀行のことではないというのが正解であることを知っていましたか。
ノンバンクと銀行の違いなどについても詳しく調べてみると良いと思いますよ
posted by 元子 at 15:53 | 日記

国民共済の資料請求

国民共済と言えば、全労済の出している生命保険みたいなものだと思うのですが、実は昨夜、居間の片隅で、その国民共済の資料というのを見付けたんですよ。
今入っている生命保険と合算すれば、1日の入院給付金はかなりの高額になります。
もしかして、私に更なる保険を掛けようと思っているのだろうか、たちまち不安になりましたよ。

国民共済については、正直、これまで全く興味も関心もなかったのですが、何故か急に国民共済というものが気になり始めました。
実はこの間受けた会社の健康診断の結果が少々問題ありきだったので、計算高い妻のやりそうな事だとは思いました。
だけど、ああいうのを見せつけられると、やっぱちょっと深刻にはなってしまいますよねぇ。
で、その時、細かい事を追求したり、指摘したり出来るように、国民共済について、少し勉強してみたいなぁっと思っているところです。
それに、国民共済は思いの外、医療保障が手堅いではありませんか。
これなら、私が倒れても、まず家族が路頭に迷う心配はないだろうし、自分自身も手厚く闘病させてもらえそうです。
と、国民共済の資料を見て、ホッとしている場合ではありませんよねぇ。

国民共済は月々の掛け金が驚くほど安いので、別に国民共済を1つ増やしたからと言って、私の小遣いが減らされる心配はなさそうです。
ただ、前に会社の先輩から聞いた事があるのですが、国民共済は満60歳を過ぎると、一気に保障が手薄くなるそうですね。
秋の夜長、国民共済という新たな勉強課題が見付かって、今はちょっとわくわくモードです。
妻がそこまで考えて、あの国民共済の資料を取り寄せたのかどうかは定かではありませんよ。
まあ国民共済に対する興味本位で資料を取り寄せただけならいいんですけどね。
本当なら一家の大黒柱としては、もっと早くに国民共済をはじめ、自分の加入している保険についても、理解しておくべきだったのかなぁ。
今宵は一人で水割りを飲みながら、そう考え、このブログを書いています。
どうせいつまでも内緒にしている訳にはいかないでしょうから、いつ、どんな顔して向こうが切り出してくるか、少々楽しみにしています。
勿論、国民共済の資料を見てしまった事、妻にはまだ話していませんよ。
素人にもよく分かるように説明してくれているブログやサイトも多いですし、Q&A方式で展開している記事も少なくありません。
という事は、現役時代に倒れて、天国へ旅立つなら、とっとと旅立っちゃわないと、意味がない訳ですよ
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済のキッズプラン


それだけ民間の保険と組み合わせたり、比較したりしている人が多いという事なんでしょうね。
医療費が中途半端ではなくなってきた昨今、今入っている民間の保険のパワーアップ部位として加入する人も増加していると言います。

国民共済は今でこそ、手頃な掛け金で手頃な保証と言われていますが、あくまでも共済だと言い切る人も少なくありませんでした。
実はね、最近私、おばあちゃんになりましてね、まあ、孫のために入ってやろうかなぁっと思っている訳ですよ。
まあもっとも、全労済の子供向け共済は、満18歳で一応おしまいになるみたいですけどね。
だけど、その後は知りませんよ、親が払うか本人が払うか、それともやめるか、それはその時息子夫婦が話し合えばいい事だと思っています。
まあ、どのみち国民共済ですから、それほど大きな負担になるものではないでしょう。
それに、更に手厚いサポートを受けられる国民共済キッズワイドというプランも登場したようです。
事実、国民共済はその字のごとく、共済であって保険ではありません。
民間の生命保険があれもこれも保証してくれるようになったのは、平成に入った位からの事。
それまでは、大して国民共済と変わらない保証を堂々と謳っている商品も少なくありませんでしたからね。
けれど、いつしか大手の商品は段々パワーアップし、また安い外資系の保険もどんどん参入してくるようになりました。
21世紀に入って、国民共済や県民共済が少々劣って見えるようになったのは事実だと思います。
でも、そんな国民共済も中身が随分見直され、また、新たなプランも続々登場して来ました。
そのせいかどうかは分かりませんよ、きっと不況の影響も大きいとは思いますが、近頃また、国民共済が注目されてはいるんですよね。
確か、入院1日目から保証が受けられるようになったのにも関わらず、掛け金はこれまでと同じ、1,000円ほどなんですよね。
助け合いの精神から生まれたもので、掛け金が安いのです、保証が少ないのも仕方がないでしょう。
これまで殆ど無視状態だったシニアやキッズに対する保証が充実したのもその変化の一つです。
その感覚で、キッズタイプの共済も利用してみるといいかも知れませんよ。
そうすれば、怪我や病気の時にも安心して十分な医療を受けさせて上げる事が出来ます。
国民共済に関する情報は、共済関連だけでなく、保険関連のブログやサイトにも沢山掲載されています。
一般の学資保険に医療保障を追加する位なら、国民共済のキッズワイドに加入する。
という事で、以上、おばあちゃん馬鹿しているおばさんの、国民共済談義でした
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済のメリットとデメリット


だから、正式には医療共済、火災共済、マイカー共済などと言います。
ここが一般の保険会社が出している生命保険や損害保険と、国民共済との最大の違いと言えるでしょうね。
つまり、助け合いの精神で生まれた制度であって、互いが必要以上の営利を求めない、これが基本です。
ただし、それは殆どの場合、最低限の補償額と思った方がいいでしょう。
それでもまあ、終身型の共済が出来ただけでもいいんじゃないのっていう声もあるんですけどね。
だけど、月々の掛け金から割り出すと、そんなものだと私は思いますね。
寧ろ、最も家計の苦しい世代のファミリーにとって、国民共済の掛け金と保証のバランスは、かなり魅力的なのではないでしょうか。
ところが、国民共済の医療保障では、手術などをしても、別途特別な手当が付く事は殆どありません。
私自身、自分の保険なんて、入りっぱなしという感じだったのですが、今回仕事でこの話を聞いて、感心させられてしまいました。
国民共済に関するメリットとデメリット、これはやはりきちんと把握しておく必要があると思います。
そうすると、かなりお得にかなり手厚い保証をゲットする事が出来ます。
国民共済の入院保障は1日6,000円程度ありますから、解りやすく言うと、ほんの1,600円ほど足すと、1日11,000円の保証が受けられる事になる訳です。
その保証の低さが、国民共済の大きなデメリットです。
しかも、民間の保険と組み合わせる事によって、国民共済ならではのデメリットもある程度カバーする事が出来ます。

国民共済でも1日6,000円もらえるんだったら、別に国民共済だけでもいいかなぁっと思わなくはないでしょう。
保険や共済についてのブログやサイトを読めば、多分そう手間暇かけなくても、ある程度の情報収集は出来ると思いますよ。
大昔の生命保険のスタイルそのままですから、完全に入院そのものに対する保証だけなのであります。
うん、知れば知るほど、益々興味の湧いてくる保険加入の方法です。
それに、60歳を過ぎると、一気に保証が手薄くなるというデメリットも国民共済は抱えています。
今、自分が月々支払っている生命保険の掛け金を思い出すと、これって、ちょっと見逃せない話だと思われませんか。
普通、民間の保険会社の生保で、入院を1日1万円にすると、月々の掛け金は結構な額になるのですが、現実問題、それ位ないと、のんびり入院なんてしてはいられません。
なので、国民共済の最大のメリットは掛け金が安いのにも関わらず、そこそこの保証が受けられるところですよね。
まあ、しっかり勉強して、かしこく民間の保険や国民共済のメリットとデメリットを活用したいものですね
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済の火災保険

国民共済には地震保険がないと思っていたのですが、実は、国民共済にも、地震災害をサポートしてくれる商品があったんですね。
全労済が出している国民共済の自然災害補償付火災共済、それこそが、一般の損保の地震保険に当たる部分です。
それこそ、地震・雷・火事・親父、まあ親父は入っていないけど、国民共済の火災保険は1つの特約で、様々な災害時に家や家財道具の保証をしてくれます。
火山の噴火や台風、竜巻、津波などの被害を受けても保険金が降りるみたいです。
あっ、そうそう、何故か、盗難という項目も含まれているのですが、盗難って、自然災害に当たるのかなぁ。
まあとにかく、そんな国民共済の火災保険あれこれ、調べてみる価値は十二分にあるのではないでしょうか。

国民共済にもともとある火災保険に、自然災害補償を付けた自然災害補償付火災共済。
いざと言う時、お金はいくらあっても足りないものですから、私はすごくいい考え方だなぁっとは思います。
ただし、補償額はそれほど大きくはないので、実際問題、国民共済オンリーで復興を遂げるのは難しいかも知れません。
月々缶コーヒー1本程度というこのお値段は、若いファミリーにはとても有り難い部分でしょうね。
勿論国民共済なので、いくら特約をあれこれ付けても、掛け金はとてもリーズナブルですよね。
なので、外資系の安い損保と併用して加入している人も多い用です。
まあ、おっしゃる通り、大地震なんてそう頻繁に来るものじゃないし、また、しょっちゅう来てもらったら困ります。
掛け金の非常に安い国民共済ならではの、保険の保険という使い方ですね。
まあ、国民共済は、ワンルームに住む独身のOLやサラリーマン、学生さんだって、十分払える金額であるのは確かです。

国民共済の火災保険には、上の階からの水漏れに対する保証や、車が自宅に飛び込んで来た時の保証も含まれていますから、集合でも一戸建てでも安心。
実はうちの実家も国民共済の火災保険に入っているんですけど、自然災害補償の特約は付けていないんですよね。
民間の損害保険に比べて、国民共済の場合だと、1割位の価格で済みます。
だけど、国民共済の自然災害補償に謳われている、風雨害は、結構ポイントが高いですよ。
何しろ、最近は台風以外の大雨や竜巻などによる被害が相次いでいますからね。
うちの母親を見ていると、そこまで節約志向にならなくてもいいんじゃないのって言いたくなるのですが、皆さんはどう思われますか。
ほら、最近はよく部屋を借りる時に、強制的に損害保険に入れられるじゃないですか
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済のブライダルサービス


私も、そんなブログやサイトを参考にさせていただきながら、負けないように、頑張って国民共済について、お勉強したいと思っています。
もし、東京で加入していても、大阪のホテルやレストランで使えるかもしれないなぁっとおもってね。
だとしたら、やはり連合会の会員としてのメリットも同等なのでしょうか。
例えば、国民共済の加入者には、全国の飲食店やホテルなどでの割引サービスがあるみたいな感じの。
ほら、都民共済や県民共済の場合、そうした娯楽関連や冠婚葬祭のお得な特典がいろいろ付いているじゃないですか。
どうせ、家族を持つんだから、責任も重たくなるし、国民共済そのものの必要性も出て来るというものですしね。

国民共済も県民共済も似たようなものなんだから、きっと国民共済にも、冠婚葬祭のサポートサービスはあるでしょう。

国民共済は全国共通のようにも見えますが、どこの都道府県で加入するかによって、多少は得点が変わってくるようですね。
例えば、愛知県の全労済だと、ハートフルカードなるものを発行していて、国民共済以外にも、様々なメリットを謳っています。
だから、都民共済じゃなくて、国民共済に目を付けたという訳です。
勿論、都民共済と同様に、国民共済による、ブライダルの斡旋や割引なども受けられます。
ただ、他の地域の国民共済の紹介全てに同じような事が載っているかというと、これがそうでもないんですよね。
飲食や健康に関するメリットは沢山あるんだけど、ブライダルが書いてないところもあります。
と言う事は、国民共済に加入しているからと言って、全国ネットで同じ恩恵を被れるとは限っていないのでしょうか。
当然、自分自身の国民共済に関する情報収集が下手ッピだけなのかも知れませんけどね。
それも、地域に関わらず、どこの国民共済でも同じだと思うわよっと母は言います。
うまくいけば、結婚前から結婚後まで、ずっと上手に活用出来るかも知れない国民共済。
私も母の言う通りだろうとは思うのですが、やはり、明確な情報が少ないと、不安になるのが本音です。
結婚が決まったとたん、なんだか急に国民共済に興味が湧いて来ちゃったんですよ。
そう思って、最近は、人様の書かれたブログやサイトをあれこれ読んでいます。
不器用な私なんかと違って、皆さん本当に上手に国民共済について調べていらっしゃいますね。国民共済に加入するという事は、運営している全労済に加入するという事ですよね
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済の自動車保険


当然金融商品ですから、それなりのメリットとデメリットはあると思います。
国民共済の自動車保険、正式名称は「全労済のマイカー共済 自動車総合保障共済」。
ああ、なんて長い名前なんでしょう、こんな長ったらしい商品名、そう頻繁に使えませんよね。
そこで、一般的には国民共済の自動車保険で通用しているようです。
で、今、我が家で問題視されているのは、この国民共済の自動車保険がいいのか悪いのかという事です。
まあとにかく、一度じっくり調べて見る価値がある事だけは確かなようです。
これは、国民共済に限った事ではなく、民間の保険会社の損保や生保でも同じ事ですよね。
営利目的ではないので、掛け金が安い訳ですが、その分、専門的な面での不安が伴うのが本音なのではないでしょうか。
勿論他の共済や民間の保険と国民共済との比較も十分可能ですから、自分でシュミレーションを組んでみても面白いだろうなぁっと思っています。

国民共済について、もっともっと詳しく調べて行けば、そうしたメリットとデメリットは判明してくるだろうとは思います。
されど、掛け金だけを見ると、やっぱ心は動かされちゃいますよねぇ。
月々の掛け金が1,000円代というのは、流石は国民共済と言った感じ、かなりすごい事でしょう。
今の外資系の保険会社に変えた時も、結構感動したけど、これはそれ以上の安さです。
はっきり言って、生命保険と大して変わらない値段ですから、その辺りは民間と似たようなものだと言えるかも知れません。
その代わりに、他の様々な国民共済とは保証の手厚さが違います。

国民共済の医療保険や火災保険は、民間と比べて、やはり補償額が低い事が一目で分かります。
今流行の、事故時の対応や処理をサポートしてくれるというサービスが国民共済にはない、そんなデメリットがあるような気がするんですよね。
取り敢えず、掛け金と金額的な保証とのバランスは、まずまず、これが私の国民共済の自動車保険に対する第一印象でした。
まあ、当たり前と言えば当たり前ですよね、どこの会社のマイカー保険もそうですから。
ですから、一番肝心なのは、いざと言う時の保証や対応です。
国民共済に関する情報は、保険関連のブログやサイトでいくらでも集める事が出来ます。
ところが、この国民共済の自動車保険に関してだけは、他と比較しても、それほど大きな差がないように見えます
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済の医療保険


従って、国民共済も県民共済も、今はそれほど大きな差はないような気はします。
ですが、数年前の保険法の改定に伴って、国民共済も全般的に見直されたという噂があります。
シニアやキッズを対象とした商品も県民共済に負けない位充実されたと言うではありませんか。
そんな国民共済の医療保険の実態、なんだかすごく気になるんですよね。
まあすぐには変わるという事はないだろうけど、加わる可能性は大かなぁ。

国民共済はとにかくリーズナブルだし、増やしたからといってすぐさま家計が圧迫されるという事はありません。
これは県民共済でも同じで、ようするに加盟する団体が異なるだけなんですよね。
ただ、どうなんだろう、より地元密着型の県民共済の方が、やはりスタッフとの人間関係みたいなものはいいのかなぁ。
恐らく一般の保険でも、月々の掛け金が同等であれば、あのレベルの保証をするのが精一杯なのではないでしょうか。
助け合いの精神なんて持ち合わせていないだろうし、思いやりというのもビジネス用語にすぎないと思っているセールスも少なくないからです。
そう思うと、組合員同士の努力で成り立っている国民共済は、ホントすごいですよね。

国民共済は全国労働者生活協同組合連合というところが母体になって維持されているものですが、勿論勤労者でなくても加入出来ます。
ただし、国民共済に入るためには、まずその全労済の組合員になる必要があって、その際、1,000円の出資金というのが必要になるそうです。
安心を一回り大きくするつもりで国民共済の医療保険に加入してもいいかなぁっとかんがえていますからね。
でも、それは、国民共済の掛け金を考えれば、当たり前の事だと思いますよ。
その辺も含めて、今は国民共済についての細かい情報が少しでも沢山欲しいと思っています。
正直、国民共済のメリットよりもデメリットの方が目立つような気もしますが、それもまた大切な情報ですよね。
保険に関する事は、金融関連のブログやサイトがとてもいい参考になると友達から教わり、少しずつ読んでいるところです。
悪い部分をしっかりと把握してからいい部分をみると、そのバランスがうまく判断出来ます。
我が家の医療保険が、国民共済に変わるかどうか、自分でも好ご期待です。
今は民間の外資系保険会社の生命保険と損害保険に入っているのですが、正直、いつ会社がなくなるか解らない状態じゃないですか。
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済と共済年金

国民共済に入ろうかなぁっと思って、運営している全労済のホームページを閲覧していました。
そしたらね、国民共済の下に損害共済の案内があって、更にその下に年金の案内というのがあったんですよ。
共済に関する情報をブログやサイトで調べる方は多いと思います。
勿論、最初は国民共済について真っ先に調べるつもりだったんですよ。
レーサーや競輪選手、格闘家やパイロットなど、危険を伴うお仕事をしている人は難しいみたい。
国民共済とは違って、民間の保険ですから、来年から大幅に掛け金が上がるのは目に見えています。
その辺りは、まだ全然読んでないから、分からないんだけど、どこの保険会社の保険でもそうだから、多分そうじゃないかなぁっと思います。
寧ろ、国民共済はどうか分かりませんが、共済年金は、労働者でも職業によっては入れないみたいです。
でも、何故か妙にこの共済年金というのが気になってね。
国民共済そっちのけで、マジかなり真剣に調べてしまいましたよ。

国民共済はすごく掛け金が安いから、同じ全労済の年金も、もしかしたら、すごくリーズナブルなんじゃないかなぁっと思ってね。
例え子供であっても、働き盛りのお父さんであっても、熟年世代であっても、みんな一緒というのは思い切りビックリ。
何しろもう40歳の大台に乗ってしまいましたからね、正直、民間の保険会社の生命保険だと、掛け金がすごく高いんです。
シングルマザーはそこまで考えておかないといけないんですよね。
ちょうど今年の年末に切り替えを迎えるので、いいチャンスかなぁって思うんですよね。
もしかしたら、共済年金だけじゃなくて、国民共済そのものもNGかも知れませんね。
私にもしもの事があっても、お葬式の費用を国民共済で賄って、後は民間の保険で、何とか一人前になるまで生き延びる事が出来ます。

国民共済だけだと、何かと手薄で不安な部分もあるけど、民間プラス国民共済なら、まず子供に迷惑をかける事はありません。
そう思うと、国民共済と同じくらい、共済年金も大事なんでしょうね。
それと同時に、自分の老後もまた大きな問題、今回国民共済以上に年金が気になったのは、多分そういう思いを前から持っていたからだと思います。
そしたら目が点、国民共済のように、気軽に取り敢えず入っておこうかとは、ちょっと思えませんでしたね。
全労済の共済年金とは言え、組合員にさえなれば、主婦とかでも加入出来るみたいでした。
その際、皆さんも是非、国民共済と平行して、共済年金も調べてみられてはいかがでしょうか、中々面白いですよ
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済と県民共済

国民共済は全国労働者共済生活協同組合連合会が主催する保険ですが、所謂こうした認可共済には、国民共済のほかにもいろいろな種類があるようです。
国民共済と並んで有名なのが、全国生活協同組合連合会の運営している県民共済。
後、全国共済生活協同組合連合会が母体となっている全国共済というのもあります。
国民共済への加入を考えるのであれば、当然、他の共済と比較する必要というのが出て来ますよね。
正直、国民共済も、県民共済も、全国共済も、たすけあい共済も、システムは同じで、内容も似たような感じがしますよね。
もしかしたら国民共済や県民共済以上に、コープのたすけあい共済の方が、よく耳にするかも知れません。
何しろ、近所の生協へ買い物に行くとしばしば、案内を聞いたり見たりしますからね。

国民共済の最大のメリットは月々の掛け金が安い事、最大のデメリットはいざという時の保証が薄い事だという声が沢山聞かれます。
全国共済やたすけあい共済も同等で、県民共済に至っては、更にお安いと言われています。
ただし、これは随分昔に県民共済に加入した人に目立つ意見。
今は保険法の改定に伴って、その中身も見直され、国民共済も、県民共済に負けず劣らずの魅力を発揮しているようです。
勿論、民間の保険会社が出している商品と比較すれば、まだまだという感じではありますけどね。
無論、県民共済も同様で、全生協連への加盟が必要不可欠ですが、出資金は、確か100円位だっったと思います。

国民共済に入るためには、全労済に加盟する必要があって、その入会金の1,000円は加入の際の必要経費とも言えるでしょう。
当然、全国共済に入るためには、全共生協連への加盟が必要になる訳ですが、こちらの出資金は、まだこれから調べるところです。
安物の保険は所詮安物の保険なんだと言い切る人も少なくはありません。
他にNSMGの持っている日本国民共済というのがあって、これも出資金はすごく安いみたいですね。
私も実際のところ、今回国民共済と県民共済を比較してどちらかに入ろうと思ってマジで調べてみて、初めて知ったんですよね、こうした団体の正式な名前。
それにしても、全国生活協同組合連合会とか、全国共済生活協同組合連合会とか、全国労働者共済生活協同組合連合会だとかって、めっちゃややこしいですよね。
国民共済や県民共済、たすけあい共済などとの比較も含めてね。
だけど、自分にあった共済に入らないと意味がないので、国民共済や県民共済を筆頭に、ブログやサイトでいろいろな情報を集めて比較検討してみる事が大事でしょうね。
ただ、みんながみんな国民共済や県民共済のような認可共済ではないので、その辺りは十分注意する必要があるでしょうね。
入会金と言っても、実際には出資金であって、殆どの国民は組合への加入も、国民共済への加入も自由です
posted by 元子 at 13:53 | 日記

国民共済とは



国民共済はいいと言う人と、今イチ良くないって言う人、会社の先輩に尋ねると半々位でした。
今は、共済に関するブログやサイトで、国民共済とはという事をテーマにあれこれ勉強している真っ最中。
でも、会社には民間の保険会社のセールスレディーが頻繁に来て、生命保険への加入を勧めます。
就職して半年、私もついに国民共済や生命保険の勧誘をされるようになったのか。
そう思うと、大人になったなぁっとはおもうけど、ちょっと煩くて面倒なような気もします。
それに、大手保険会社の生命保険については、よくテレビでも見かけるし、なんとなくどんなものかは分かるのですが、問題は国民共済。
それこそ、名前は知ってるけど、中身は全然知らないのが実態です。
神戸のNSMGクラブというところが主催している日本国民共済なるものです。
確かに、保険会社のおば様たちが持って来る資料は、どれも毎月の掛け金が高くて、正直、出来れば入りたくないなぁっとも思っちゃうんですよね。
だけど、国民共済がどんなものかが分からないから、うん、じゃあ入るよ、とも言えなくて、今、すごく困っています。
大学や近所のスーパーだけじゃなかったんだ、生協って、超ビックリだけど、勿論、国民共済に入るためには、先に組合員になる必要があります。
20代前半の私の場合だと、毎月の掛け金は1,000円代でいけそうな感じなんですよね。
ただし、保証もそれなりという気もして、いざという時を考えると、不安になるのは事実です。
これは、助け合いの精神で運用されている国民共済ならではのデメリットと言えるでしょう。
母に言わせると、国民共済は掛け金が安いから、1年生OLのお給料でも何とか払えるだろうと言います。
日本国民共済と全労済の共済保険等は、果たして同一のものなのか。
まだ、その辺りもよく分からなくて、もっともっと勉強する必要があるなぁっと思っています。
どちらの国民共済を出している団体も、消費生活協同組合法に基づいて運営されている生活協同組合の一つなんですよね。
俗に言う生協、なんと、日本には1,000個以上もの団体があって、6,000万人以上もの組合員がいるんだそうですよ。

国民共済と言えば、多くの人が全労済の出している保険だと思っているようですが、今回調べていたら、面白いものを見付けました。
取り敢えず、全労済の申込用紙をダウンロードした私、どうせなら、エキスパートになれる位勉強しようかなぁ。
秋の夜長、そう思って、国民共済とはをテーマに日々ブログやサイトを読んでいる今日この頃です
posted by 元子 at 13:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。